ストライダー:Just another WordPress site
ストライダー

ストライダーを2歳で買う前に知っておきたい6つのポイント

下の娘が2歳の誕生日にストライダーを買いました。実際に買ってわかった買う前に知っておきたかったことをまとめました。

 

きっかけ。上のお兄ちゃんが16インチの補助輪付き自転車を3歳の誕生日に買ったものの、今年の夏に全く補助輪を外すことができませんでした。泣きながら練習しただけで、自転車を嫌いになるだけでした。

 

私も小さい頃、苦労して自転車の練習をしたので仕方ないと思っていました。共働きの我が家ではなかなか練習の時間も取れず、教えるのがとても大変なので何か自転車に乗れるいい方法はないかとネットで探しました。そこで自転車に簡単に乗れるとネットで書かれているストライダーを下の2歳の娘の誕生日に買うことにしました。

 

【1】2歳児では乗らない

2歳の誕生日におばあちゃんに買ってもらったものの、喜んだのは箱を開けた時だけ。またがらせてもよちよち歩き。ものの3分すると飽きてしまい、全く乗りません。うちだけかと思いきやママ友の多くが同じ状況。聞くと3歳になってから子供が興味を示し乗り始めたと言う声がちらほら。1年間も乗らないなら邪魔なだけ。3歳になってから買った方が良かったと思いました。

 

【2】教え方がわからない

サイトの動画や写真では子供がぐんぐん走り回っている動画がかわいいですよね。あれに憧れて買ったわけですけれど全然乗ってくれません。もしや教え方が悪いのではとネットで探してもそれらしい教え方が見当たりません、

 

ママ友が2歳は皆乗らないよと言っているのを聞いてちょっと安心しました。子育てってわからないことだらけで悩みますよね。自分のやり方が間違っているのか、子どもの問題なのか。動画もよく見ると、走り回っているのは2歳児ではなさそう。買う前に気付けばよかった。

 

【3】やんちゃな子にオススメ

同じ公園で1人ものすごいストライダーの上手な3歳の子がいるんですが、昔からやんちゃな子でパパもそんな感じの人です。あんなスピード出してよく止まれるなと思っていたら、お母さんの悩みは靴代がすごいそう。いつもブレーキを足でするので、靴底がすぐになくなり出費も馬鹿にならないそうです。

 

【4】かなり危ない

ストライダーを買う前に、お母さんの自転車についていったストライダーの後をお巡りさんが呼び止めているのを見たことがありました。その時はなんでだか分からなかったのですが、ストライダーを買ってみたら「ストライダーはブレーキがないから公道で乗っちゃいけない」と書かれていました。買った今は確かに危ないので、車の通る所は乗せられないと思います。今ではお巡りさんも大変だなと思います。

 

ネットで調べてみると、消費者庁が平成24年4月に「ペダルなし二輪遊具の事故防止について」という注意喚起を出していました。ペダルなし自転車となっているけれどストライダーのことだよね。うちは買った後から知ったけどメーカーとして買う前から表現してほしい。こんな動画を見てびっくり。

 

http://www.caa.go.jp/safety/pdf/120404kouhyou_1.pdf

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140703_1.html(独立行政法人国民生活センターサイト)

http://www.kokusen.go.jp/douga/20140703_1_news/n-20140703_1_high.htmlペダルなし二輪遊具による坂道の事故に注意-衝突や転倒により幼児がけがを負う事故が発生-(動画)-高解像度版

 

あのやんちゃな子のスピードに私はついていけない。調査によるとこどもがストライダーで坂道を降りたら、大人も追いつけないから危険という報告書でした。わざわざ消費者庁が注意喚起をするなんて、よっぽど怪我が多くて問題になっているんだと思います。

 

【5】自転車に乗れるとは考えないほうがいい

ストライダーを買ったもう一つの理由は、4歳のお兄ちゃんが16インチ補助輪を外せないから。下の子が興味を示さないのをいいことに、毎週のように足で蹴らせて乗らせました。4歳だけあって言葉も通じ、ビュンビューンと乗れるようになったので、いざ自転車の補助輪を外して乗らせたものの…ふらふらして乗れない…。何度もストライダと交互にやらせても乗れない。しまいには泣き出してしまい、自転車嫌いが加速するだけでした。

 

このサイトhttp://xn--t8j4aa4n444m0xoiv6bslvtwz3ga.biz/strider_kanso.htmlにははっきりと「ストライダーに乗っていたら、4歳で16インチに乗れました!」(キッパリ)と書かれていますが、うちの場合、全く役に立ちませんでした。またもやここで「教え方が悪いのか??」はたまた「うちの子がダメなのか??」と子育ての疑問にはまりました。

 

するとこんなページを見つけました。http://niigo.cocolog-nifty.com/chiiku/2014/04/post-9a63.html「ストライダーから自転車へ」はるいろママの知育日記

自分の子どものことを書いているので、読んでいて書いてあることが信頼できました。

 

【6】よく見ると宣伝のサイトばかり

始めて商品を買う時は、みなさんもネットで調べるといいと思います。どれが本物の口コミかわからない。そこでネットに詳しい友人に聞いてみました。

 

すると「簡単だよ!アフィリエイトか見ればいい」「アフィリエイトって何??」と聞くとネットでお金を稼ぐ一つの方法らしく、素人のふりして商品の宣伝をする方法だと。簡単な見分け方を聞くと「楽天やアマゾンの商品紹介ページに飛ぶボタンがついている」のはそうらしい。たくさんの紹介をしている手の込んだサイトほど、アフィリエイト(すなわち宣伝ページ)だそう。

 

ここは完全な宣伝ページということですね。http://xn--t8j4aa4n444m0xoiv6bslvtwz3ga.biz/strider_kanso.html

 

私がストライダーを買う時に見ていたページには、みんな楽天へのリンクが貼ってありました。宣伝にまんまとひっかかったのかと思うと悔しい。

 

私と同じ過ちを他の親子にもして欲しくないので書くことにしました。

 

我が家では、子どもの成長と笑顔を楽しみに、2歳の誕生日にストライダーを買いました。残念ながら、その想いは叶わず、結局、人にあげてしまいました。もちろん喜んでいる人もいると思いますが、私の周りには同じように家で置きっ放しになっている人も何人もいます。これから、同じような想いをする人が減るように、ここに書き留めておきます。

 




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。